PANACHE blog

バイクで出かけてヘタな写真を撮っています。時々美容の事も...

今朝は住吉神社からスタート

 

夜明け前…



まずは雨雲レーダーのチェックから…

途中上空を小さいのが通過するかも?



続いて自分で空を目視…

なんか微妙〜?
とりあえず行ってみる!?

 

給油して長府方面に向かう途中、住吉神社の灯篭に引き寄せられて

 

 

f:id:panache441:20161124120810j:plain

 

 

写真を撮ってると、ポケモンゲット中のニャンコ先生

今日は何処で写真を撮ったら良い?みたいな話しで…

釣り人の会話に似てるね

雲が厚いので、日の出時刻は少し遅れそう
先に長府の路地を散策

 

 

f:id:panache441:20161124120816j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120822j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120829j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120836j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120843j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120853j:plain

 

 

やっぱり土塀に紅葉は似合いますね

 

いつもの豊功神社の境内に…

 

 

f:id:panache441:20161124120903j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120909j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120916j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120923j:plain

 

 

雲が少なくなってきて、今朝も良い日の出を拝む事が出来ました

 

 

www.youtube.com

 

 

まだ時間があるので、旧四建ドックに行ってみました

 

 

f:id:panache441:20161124120930j:plain

 

 

大正3年に創建された旧四建ドックは、唐戸市場の横にあります

船を陸に上げて修理する施設で、全長54m、幅20m

有形文化財に指定されているのですが、水抜きの設備が無いので雨水が溜まって老朽化が進んでいるそうです

そこで、市が示した異例の保存方法は「 土で埋めて後世に残す 」との事

同じ時期に造られた長崎市のドックは世界文化遺産に認定されています

埋土工事はすでに決定事項で、費用は5200万円かかるようです


「 旧四建ドックの保存と活用を考える会 」のメンバーの方々は真っ向から対立されていて、埋土後も法的対抗措置も辞さない考えとの事です

 

 

f:id:panache441:20161124120937j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120944j:plain

 

 

f:id:panache441:20161124120951j:plain

 

 

25日13時~15時半と、26日9時~11時半、13時~15時半の3回… 見学者は底部まで入ることができ、市教委文化財保護課の職員が歴史や文化財的な価値などを説明されるそうです

いずれの日もボクは仕事で行けないので、今朝はすでに水抜きが終わってるんじゃないか?と行ってみました

旧四建ドックの底を見たのは初めてでした


来月早々工事が始まりそうなのでコレが見納めかもしれません

 

考える会の皆さん… 頑張って下さ〜い!!